うそっぱちの中のほんと

朝からおかんの声で目が覚める。

「韓国にもっかい電話して確認しなよー。
 このままで終わっていいの?」

うるさい。だまれ。最初はそう思った。

ここ最近、お互い仕事が忙しくて親と顔を合わせる時間すらなかった。

そんな中で知らされた、仕事キャンセルのハナシ。
それについて、大した話もせずに2日ほど経ってたんだ。

おかんはそのことでひどく心配していたらしい。

私がどれほど大きいショックを受けてるか・・・
それを考えると、うまく声もかけられない。
お父さんなんかはそんな状態。

当の私と言えば、こんなにもあっけらかんとしてるのに。

そんな、両親に心配をかけてること。
両親が韓国を嫌いになりそうだということ。

それを知って、胸がズキンと痛んだ。
口には出さないけど、仕事のことより何よりも、
そのことが私にとってはショックだったんだ。

もう朝から気分は急降下。
一度溢れたら止まらない、涙、涙、涙。。。
いつもの自分の落ち込み方だけど、
久しぶりで抑え切れなかった。

それで、仮病つかって工場の仕事休んじゃった。・・・さいあく。

しばらくはそんな感じで思考回路はショートするわ、
ひっくひっくが止まらないわでどうしようもなかった。

でも、平常心を失ってる自分が情けなくなってきて、
それはもうかっこ悪くて、ばかばかしく思えた。
そしたら自然と気持ちは落ち着いて、涙もおさまった。

そこからは異常なまでの平常心。
このままじゃいけない。

たんたんと顔を洗い、歯を磨き、化粧をし、着替える。
すべて終わったところでおかんを探した。

寝室で横になっている。寝込んでいるように見えた。

また胸がズキン。

ここでおかんに声をかける。

「どっか行こ。」

誘い出した。
嘘でもいい。演技でもいいからおかんと笑って話がしたかった。

やっと口を開いた私に、おかんは言った。

「一緒に?」

「うん。」

そうして、お互い変な空気を持ったまま、一緒に出かけることになった。

行き先は宇都宮。
現場で使う用具を仕入れた後で、お中元を買う計画だ。

車の中でも大した会話はなく、そのうち私は寝てしまった。
自分から誘っといて、それも距離を縮めようとして誘ったのに。

気がつくと宇都宮に着いていた。
現場の用具はすでに仕入れてあった。
お昼にはちょっと早い時間だったけど、食べることにした。

安禺楽牧場のお肉を使った料理屋さん。
エレベーターを上がった10階にある。
2名だと告げると早々と案内された。

その、案内された場所がよかった。
外の景色がよく見える、2人でちょうどいい個室。

注文したランチが運ばれ、食べ始める。
と同時に、どちらからともなく話を始めた。
と言っても、たわいもない話。
箸を進めるごとに話も進む。

それはそれはいろんな話をした。
今回の仕事のこと、将来のこと、結婚のこと、
うちの仕事のこと、お互いのこと、家族のこと。。。
これまでのすれ違い埋めるように話す話す。
話は尽きなかった。

食べ終わるころにはすっかり親子に戻っていた。
それまでは、同じ家に暮らす、ただの同居人だったのに。

その後はと言うと、当然、楽しく買い物したさ~。



自分の損害よりも平和を望む。
それは今でもいいことだと思ってる。
そのために、親の前では気持ち、意見を殺してた。
言ってもわかってもらえないし、変わらないし。
てか、もめるのとかめんどくさいし。

でも平和と黙るのとは違う。
お互いを知り、認め合ってこその平和なんだね。

お互いが自分のことを話すこと。
伝えようとする、その気持ちが大事。

自分の考えを押し付ける前に、
相手の声に耳を傾ける、その姿勢が大事。

そして理解しようとする、その心がけが大事。



それから、ひとつ明らかになった嬉しい事実。
旅券センター、駐日韓国領事館、在韓日本大使館・・・
それぞれ電話で問い合わせたところ、
どうやらパスポートは国外でも申請できるみたい。
つまり、韓国に居ながら更新できるってこと!
来年の7月31日でパスポートが切れるはずで、
切れる前には帰国しなきゃいけないと思ってた。
けど、その心配は要らないみたい。
今月の31日までに入国しなくても1年間滞在できそう!
堅実にお金貯めて、余裕を持って行こうかな~・・・。

などと考え中であります。


あー、書きたいこと書いてすっきりした~。
ここまで読んでくれた方がいたら、ありがとうです。

付き合いきれないかもしれないけど、よろしくね^^;
[PR]

by pep_poppy | 2006-07-25 03:27 | ガタゴト日記  

<< さて、何しよう。 自由人になりました。 >>